ジェロを抜いた鼠先輩って?

黒人演歌歌手ジェロは大ブレーク中ですが、そのジェロを抜いて着うたの演歌チャートで1位になった歌があるんです。

謎の新人、鼠先輩のデビュー曲「六本木〜GIROPPON〜」という曲です。東京・六本木のクラブなどで火が付き、口コミで広がっていったようです。

鼠先輩がジェロの「海雪」を抜いて1位になったのは、国内最大手の着うたダウンロードサイト「レコ直」の歌謡・演歌チャート5月14日付です。ジェロは2月6日に音楽配信を始めてから、すぎもとまさと「吾亦紅」、水谷豊「カリフォルニア・コレクション」に1週ずつ抜かれた以外は4カ月近く1位を独走してたそうです。

個性的なビジュアルや、えげつないほど大げさな歌唱スタイル、今どき六本木を「ギロッポン」と読ませるバブリーなムード満点のタイトルなど、笑い所満載のムード歌謡です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080530-00000045-spn-ent

PVはいくつかバージョンがあるようです。
↓こちらは居酒屋バージョン。最初から笑わせてくれます。


サビの部分が頭の中でまわり続けてます。
タグ:鼠先輩
posted by ネオフィリア at 07:10 | 気になる人